フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「東日本大震災」の記事

2012年3月11日 (日)

あの日から1年・・・

あの日から1年がたった。正直、ここ2~3日は自分がどんな気持ちでこの日を迎えられるのかちょっと不安だった。。。怖さがまたヨミガエラナイカ・・・フラッシュバックとまではいかなくても、また大きな揺れが来たりしないか不安だったり・・・もし揺れたら平常心でいられるだろうか・・・そんな怖さが心の深いところで小さく存在していた((○(>_<)○))
無意識に非常食を買い揃えたり、ガソリンを満タンにしたり、カセットコンロのカートリッジを買い足したりしたのも そんな意識の現れじゃないかと思われる。。。(*´v゚*)ゞエヘヘ

10日の未明にも体感的に震度2位の揺れがちょっと長めにあった・・・最近ではその程度の揺れには慌てることもなく、ベッドの中でまた揺れてるなぁ~くらいに思いつつ しばらくして
また眠りについたが、思えば東日本大震災のあと半年くらいは 揺れるたびにベッドからはね起き ポーのもとへかけよって『大丈夫だよ。』と声を掛けながら 自分にも言い聞かせていたりした。

F1000125_5でも最近は揺れに慣れたということもあるが、震災後に生まれたレナがいる。
小さな揺れでいちいち声をかけては 地震に過敏な子になってしまう(゚ー゚;
なので 地震に反応して ポーの右耳がピンと立ち、私に目配せをしてきても 「大丈夫!」と
アイコンタクトで答えていたが、さすがにレナも地震を感知するくらいに成長した(>_<。)
そりゃそうだよな~o(´○`)o もう生後9ヶ月だもの。

F1000127_2で、実際11日を迎えたら 意外と平常心(゚ー゚) 
ただ、震災特集番組はなんだか観たくない。ドキュメント番組は半分観たいような気がしていたのだけど、今日になったら観たくなくなっちゃった(≧ヘ≦)

F1000130
この震災と この1年でいろんなことを感じ、また考えさせられた。
今、一番に思うのはがれき受け入れを拒否されていること。
そのニュースを観たときになぜか心に思ったのが、以前 日本という国が世界からお金を出せばいいと思っている国だと言われていたこと。
当時、私は「なんで?こんなにお金を援助するって言ってるんだから 充分じゃん!ナニ甘えたことを言ってるのよ!他に何を求めているのよ!?」と不思議でならなかった。
でも 今回のがれきの件で ちょっとその感覚がわかったような気がした。
誤解を恐れずに吐露するが。。。
全国から支援物資や募金が寄せられ、それによってどんなに助けられたかわからない。本当に感謝している。日本人って素晴らしいなーヽ(´▽`)/ 絆、最高(´;ω;`)ウウ・・・と感激している。ただ、ここにきて今、必要なのは物資以上にがれきの処理なのにそこにはなるべく触れないようにしている自治体がほとんど。もちろん、物資の支援もありがたいことではある。
しかし・・・だ。
がれきは拒否します!と横断幕を掲げられると、そういった物資や善意の支援までもが一瞬色あせそうになるのだ。ほんの一瞬だけど。。。
もちろんこれは、日本がどうこう言われたことと似て非なるモノだとは思うけど なぜか頭の中でリンクした。

F1000132_3

放射能に汚染されたがれきは受け入れられないだとー!? 汚染されたものを押し付けるわけがないじゃないか! これらのがれきは全国のボランティアの方々が手作業で集めてくれたんだぞ! しかも集積した後にはまたもや手作業で分別しているんだぞ!
正確な情報でもないくせに 『放射能汚染のがれき受け入れ拒否』などと横断幕まで作りやがって\(*`∧´)/
そしてこんなときばっかり 市民の声が・・・などと住民を言い訳に使う自治体のボス!
なんの手立てもできていないド素人の政府め~o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!
何が復興庁だ!予算を半分しか認めないってなんだよ(゚Д゚)ハァ?

F1000142_3今に見てろよ~(*`ε´*)ノ
拒否したトコロで似たようなことが起こったら 一番に協力して助けてやるからなぁー!! 
そしてこんなに良くしてくれる東北の がれき受け入れを拒否したことを後悔させて、自分達の狭量を恥じ入らせてやるぅー。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

2011年7月 7日 (木)

コーギーのさくらちゃん

◆◆◆探しています!!◆◆◆

6月21日の夕方 南三陸のコーギー、さくらちゃんの行方がわからなく
なりました。

詳しくは、
まり蔵さんのブログ へ。。。
                                  
(クリックすると、まり蔵さんのブログにとびます。)

1日も早く さくらちゃんが 無事に飼い主さんの元へ戻れますように。。。

             ◆◆◆ 皆さん、ご協力お願いします。◆◆◆

.

.

                  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆
          ★★★ 震災わんこにゃんこ情報はコチラ から・・・随時、更新中です★★★
                   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

2011年5月27日 (金)

災害ボランティア

今日はいつもとちょっと趣向の違う...家族の話。
私は3人兄弟の1番目で、下に弟がふたりいる。子供の頃は、長女気質のおかげでずいぶんとガンバッテた。ふたりの弟達の手前、ほんとは触りたくないカブトムシやカマキリなんかも掴んで 『ほら、お姉ちゃんも平気だから触ってごらん。』と言ってみたり、ちょっと小高い場所から飛び降りる遊びを近所の子達としていれば、内心怖いくせに先にやってみせ、『お姉ちゃんにだってできたんだからやってごらん。』などとかなりムリしていた(;´▽`A``

Img_1443

3人兄弟というものは 大抵初めっ子と末っ子に圧倒され、間っ子が居場所を失って外に目を向け自立したり、またはひっそりとおとなしくたたずんでいたりする。
私達の場合、間っ子の弟は 成績が兄弟でトップだったけど、いつもイチバンおとなしく、内向的で緊張しいの人見知りだった。

今日はそんな間っ子である弟の話です。。。(*´v゚*)ゞ

Img_1470

その弟が高校で部活にラグビー同好会を選んだときは、かなり驚いた!!(゚ロ゚屮)屮
驚くと同時に嬉しくもあったので 変に冷やかしたり 騒ぎ立てちゃいけない・・・ヘソを曲げて辞められたら せっかく積極的になる第一歩をふいにする…と 見て見ぬふりというか、家族全員で別に気にも留めていないような態度をしてみせた。。。
まぁ、ラグビーと言っても 同好会だし そんな騒ぐほどでもないか・・・と思っていたら、大学入学と同時に今度はアメリカンフットボール部に入部した。

大学のアメフト部である\(◎o◎)/!アメフトを選んだこともさることながら、大学の運動部に入部するといったら体育会全体の上下関係の真っ只中に入ることになる。
自分が所属する部だけでは済まないのだ。
当時、私は同じ大学の3年生だっただけに 弟にやっていけるのだろうか・・・と、正直かなり
不安だった。そんな家族のおおかたの不安をヨソに彼は着々とたくましくなっていった。
しっかりアメフト部並びに体育会という縦と横の濃い社会に馴染んでいったのだった。

そして彼は卒業後、アメフト部の監督となった。
私達家族にはかなり感慨深いものがあった・・・あの、おとなしくて緊張しいの人見知りが大学のアメフト部の監督だなんて・・・。

そんな彼に 最近また感心させられた出来事が。。。災害ボランティア活動への参加である。

Img_1432a

冒頭で話したように私は自分で言うのもなんだが 時々長女気質が顔を出し、平気じゃないのにムリをすることがある。でもさすがに今回の震災では気持ちの弱さが如実に出た。
私がこの震災で失ったのはせいぜい家財道具くらいだ。それもほんの一部。
家も家族もみな無事で、津波に襲われた人達に比べたら 何も失っていないといっていいだろう。
でもやっぱり自分の人生において 経験したことのない恐怖を味わった。
人と比べたら たいしたものじゃなくても、自分の中では他とは比べようのないほどの衝撃だったのだ。

Img_1434a

震災から約1ヶ月後の大きな余震のダメージも大きかった。1ヶ月してようやく落ち着いて平常に戻りつつあったときの大きな余震は かなり気持ちをへこませた。
いまだに 被災地の映像や画像を見るだけで胸が詰まって苦しくなり、涙をこらえるのに必死だし がんばってる人達やボランティアの人達の話を聞いてもまた涙が出る。。。
情けないけれど、自分はなんて心が弱いのだろう。。。とあらためて思い知った。

Img_1457a

被害が少なく、仕事もしていないのだから 本当ならボランティアに参加すべきだと思うがこんな気持ちの弱い私では、とうてい足手まといにしかならないだろうと思う。
映像だけで泣いちゃうのに、現地になど行ったら。。。おそらく使いモノにならない。
そんな私と対照的に 子供時代いつも私の後ろにいたはずの弟が、4月から大学のボランティアセンターに登録し、石巻や亘理、南三陸町などでボランティア活動に参加している。。。

Img_1442a

そして、そのボランティア体験をアメフトの監督ブログの中に記しています。
弟は長年の腰痛の悪化で、ごく最近監督を辞任し後輩に託したばかりですが、もしよかったらそんな弟のブログも覗いてみてください カヤックス前監督ブログ
悔しいことに(笑)私の文章より ずっと無駄のない素直で読みやすい文章で綴られています。
残念ながら このブログの災害ボランティアの話に わんこは出てきませんが。。。(^-^;
ちなみに 弟のところでは 小さなボーダー!?によく 間違われるバイカラーのシェルティを飼ってます(*^ω^*)ノ彡

Img_1448a_2

・・・と、今日はポーの話は全然出てこなかったけど、先日 紫山公園のお散歩を楽しんだ写真が雄弁に語ってくれることを期待して・・・♪(#^ー゜)v

2011年3月26日 (土)

震災わんこにゃんこ情報

↓↓↓ anegoさんとこからの転載です。↓↓↓

☆  ☆  ☆

2011 仙台七夕まつり 想いをひとつにプロジェクト
祈り、感謝、想いを込めて鶴を折ってください。

<<笑顔のリレー>>参加ちぅ。

Cimg2582_2 
わんこの笑顔で被災地を元気に!皆さんも参加しませんか?

知りたかった情報が満載です。
東日本大震災 緊急災害時ペット情報局
被災された方だけでなく、いざという時の為にも!

動物達に元気を!
(社)日本ペットマッサージ協会
動物たちの気持ちを落ち着かせるペットマッサージ法を記載したシート
震災時におけるペットの留意点を啓蒙するシートのフリー配布をしています。
ツボマッサージが記載された復興支援ポストカードはこちら。


ふりぺ宣言と緊急提言賛同の署名はこちら
「FreePets~ペットと呼ばれる動物たちの生命を考える会」

迷子になった犬たちと1組でも多くの出会いを!犬種ごとのとリンク集

Save2

動物を探す方も情報を提供する方も!
Google アニマルファインダー

震災に関しての情報色々
復興支援 東日本大震災 Yahoo!

被災された方でわんちゃんの預かり先をお探しの方。
わんちゃんの一時預かり支援のお知らせ

復興支援ステッカー by ドッグスポーツJAM
がんばっぺ!!東北!
ステッカーを貼って被災地を支援しよう!

支援の気持ちを表そう!!
東日本大震災支援モデル・リボンマグネット

被災動物への支援にご協力お願いします。
『支援しますのね☆』
物資:原発地区から保護された子、避難所の子へ届けます。
   フードやおやつ(新品未開封・賞味期限内)、
   バリケンやサークル(新品。中古の場合は破損個所のないもの)
   首輪やリード、トイレシーツ、フードボウルなどなど。。。
お預かり:原発地区から保護された子のお預かりをお願いします。
 ※送付先は当方かボラをしている友人のところになります。

被災されたわんちゃんと飼い主さんの心のケア無料相談 by HeartyDogs
相談しますのね!
相談しますのね!@モバイル用


被災地からのお願い
時間が経っても忘れないでね。
今なお過酷な避難生活をされてる方は多数いらっしゃいます。
復興には何年かかるかしれません。
私たちが怖いこと、それは忘れられることです。
物資や義援金もありがたいですが“心”の支援をお願いします。




無断転載OKです。ご協力よろしくお願いします。

 ※ 6月20日 情報内容を更新しました。

2011年3月16日 (水)

東北関東大震災

皆さま、ご心配いただきありがとうございます。ポーター家は全員無事です!

3月11日地震当日のこと。。。
14:46 携帯にエリアメールが入るやいなや大きく揺れだし、ガシャガシャン!バリーン!
ガターン!バリバリ!慌ててポーとふたり抱き合って廊下の端に蹲りましたが 今までにないほどの烈しい揺れ!そしてそれが長く続き 逃げようにも動くタイミングがつかめません。
ようやく わずかに動けそうなくらいの揺れになったところで ポーに首輪とリードをつけ、自分のダウンジャケットを持って家の外へ!
ご近所の方達と共に 家の駐車場にしゃがみこみ 揺れのおさまるのを待ちました。
その後も烈しい余震が続くため 家に入るのが怖く 車の中に避難。
余震の合間をぬって 毛布や飲み物、懐中電灯、携帯ラジオなど必要と思われるものを車中へ持ち込み、怖いのでお向かいのお友達家族(ママさんとお嬢ちゃん)も一緒にウチの車に
おりました。
地震直後に停電となったので 夜は真っ暗に。。。幸い、我が家の地区は断水しなかったので
そこは非常に助かりました。
ポーパパは、22時過ぎになんとか帰宅。ふたりで家の中を確認し、避難場所を車から寝室へ移動。ろうそくを灯し、カセットコンロでお湯を沸かしてカップ麺で遅い夕食。
夜は 何度も余震が続くので ベッドに入ったものの 結局一睡もできずに朝を迎えました。
ポーも揺れるたび キャリーの中で怯えて眠れないようでした。
当日は こんなカンジで・・・ものすごく怖かったものの、まだ全体像がつかめず 大地震だとは思いながらも ここまでのこととは思ってもいませんでした。

Cimg2381
余震があると 怖くて隅っこに行きたがる。。。

近況。。。
地震翌日から携帯が圏外となり通信不能。周りにご心配をおかけしましたが、14日夕方にようやく電気も復旧。と、同時に携帯も電波が3本立って いただいた多くの安否確認メールに返信することができました。
ポーパパは連日仕事で、朝7時に出勤 夜9~10時に帰宅という日々です。
12~14日は自転車で1時間半近くかけて通勤していましたが、昨日からバスと地下鉄が
一部運行されているので かなり楽になりました。自家用車のガソリンは極力温存です。
家の様子は。。。おかげさまで家の破損はまったくなく、壊れた家電もありません。
ただ、台所の床がタイルなので 落下した食器類は全滅でした。
また 重い冷蔵庫や洗濯機、箪笥などが移動していて 揺れの激しさを思い知らされます。

ポーは、余震が多かった頃は非常事態を理解していたようですが、昨日辺りからこの状態にも慣れたのか遊びたがって元気持て余し気味です(*´v゚*)ゞ
買出しは3~5時間も 長蛇の列に並ばなければならず、その間ポーをひとり(一匹)残すのが不安なので、僅かな備蓄食料やキャンプ用品などを使って凌いでいます。
それもこれも、昨日が最終日でしたが町内会からの食料配給や、ご近所友達からのご好意のおかげです。

これほど長い期間の非常事態なんて初めてだし、また「目途がたたない状態」なんて なんだか実感がなくて。。。そんな自分の能天気さが逆に不安です(゚ー゚;

まだまだいろいろ書き足りない思いがいっぱいですが、今日はこの辺で。。。
ひとまず、我が家の無事をご報告すると共に、ご心配いただいた皆さまに心から御礼を申し上げます。
昨日あたりから寒さが厳しくなってきました。皆さまもどうぞ、お体を大切に・・・

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

インスタグラム

ギャラリー

  • bocopeco①
    切り絵(影絵)作品